※取り扱い地域が限定されている商品がございますので、詳細はユニソンホームページをご確認下さい。※ガーデンエクステリアのデザインを紹介するブログとなっています。廃番商品が含まれている場合もございますのでご了承下さい。

最新記事

ブログ内検索

最新のコメント


トラックバック

敷きデザインで動きをつけた、マンションエントランス

みなさま、こんにちは。中部営業部特販課の岡本です。

 

まだまだ寒い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

この時期は鍋がおいしい季節ですね。

野菜、肉、魚介類をたくさん食べて、寒い冬を乗り切りましょう!!

 

 

さて、今回は愛知県名古屋市にあるマンションをご紹介いたします。

閑静な住宅街に建てられたこちらのマンション。

エントランスには車寄せが設けられ、

そこには弊社のアッピア[ai]:カミノグレー、カミノシルバー

採用いただきました。

アッピア[ai]は花崗岩(ピンコロ)をイメージしたコンクリート舗装材。

意匠の凹凸があるため、車のスピードを抑制する効果もあります。

 

また、舗装材の敷き方にも工夫が。

建物や道路に対して角度を斜めにしたアジロで敷設されており、

デザインに動きが生まれています。

 

 

アッピア[ai]は疑似目地により、並べるだけでランダムで美しい石畳が表現できるのも魅力。

       アジロ

 

 

 脇(写真左前)には駐車スペースが1台分設けられており、

使用する色を変えることで、

デザインを壊さず白線としての役割を果たしました。

 

 

アプローチ側には400×200サイズの

クーラス[ai]遮熱透水:シルキーベージュを使用いただきました。

外壁のタイルと舗装材の色合い、サイズ感を合わせて

統一感のある外構になっています。

 

※「クーラス[ai]遮熱透水」の400×200サイズは

 ランドスケープ商品総合カタログ掲載の商品で、受注後生産品となります

 

あえて塀などを設けずにオープン外構とすることで、

 

街とつながりを持たせることを意識されたようです。

 

今回のような素敵な物件に役立つアイテムを、今後も提案してまいりますので、

ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。