※取り扱い地域が限定されている商品がございますので、詳細はユニソンホームページをご確認下さい。※ガーデンエクステリアのデザインを紹介するブログとなっています。廃番商品が含まれている場合もございますのでご了承下さい。

最新記事

ブログ内検索

最新のコメント


トラックバック

街にあたたかみを生み出す化粧ブロック

みなさまこんにちは、西日本特販課の井上です。

 

6月8日(木)、9日(金)にインテックス大阪にて

『関西エクステリアフェア2017』が開催されました。

ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!

当社ブースはいかがでしたか?

展示会に来られなかったみなさまも、6月23日(金)にホームページにて、

展示会のレポートをお届けしますので、ぜひご覧下さいね。

 

さて、今回ご紹介させていただくのは、大阪にある某物流施設。

物流施設と聞くと、外観デザインがシンプルで

味気ないイメージがありませんか。

 

そんなイメージを払拭するのがこちら!

 

 

こちらの物流施設では、ファブリックのようなやわらかな印象の組積ブロック

リゲル ユニRM型枠ブロック15-1LW(両面) リネアベージュ

使用いただきました。

 

グレーのクールな印象の施設に、あたたかなベージュ色の塀が

ポイントになっていますね。

 

また、表、裏両方に意匠がある両面意匠のため、

敷地内からもあたたかな意匠が楽しめます

  

 

この意匠性に加えて、もう1つ選ばれたポイントがあります。

それは“控壁が必要ない”という点。

 

こちらの施設では、高さのある塀を検討されていました。

基礎によっても異なりますが、通常の組積ブロックだと

高さ1.2m以上の塀には補強するための控壁が必要となり、

その分スペースを取ってしまいます。

 

けれどもリゲル ユニRM型枠ブロック15-1LW(両面)なら

控壁を必要としない構造のため、

限られたスペースでも高い塀を設置可能

 

 

さらに、組積工事のみのため、タイル張りや左官仕上げと比べると

工期が短く済むのも魅力です。

 

 

高さのある塀が欲しいけれど”意匠性も重要”、”敷地を有効活用したい”、”工期を短く済ませたい”という悩みをお持ちの方におすすめの

ユニRM型枠ブロック

 

もっと詳しく知りたい方は、お気軽に当社までご相談下さい。