※取り扱い地域が限定されている商品がございますので、詳細はユニソンホームページをご確認下さい。※ガーデンエクステリアのデザインを紹介するブログとなっています。廃番商品が含まれている場合もございますのでご了承下さい。

最新記事

ブログ内検索

最新のコメント


トラックバック

公共施設のビフォーアフター

みなさん、こんにちは。

約1年ぶりの登場となりました福岡支店の石松です。

 

今日は3月3日桃の節句ですね。

福岡県では飯塚市の「いいづか雛のまつり」が今月28日まで開催中。

特に旧伊藤伝右衛門邸の日本一の規模を誇る座敷雛はイチオシです!!

 

さて、今回ご紹介させていただく現場は浄水場の入口のリニューアル現場です。

 

まずはビフォー・アフターで紹介しますのでご覧下さい。

 

同じアングルで撮影した現場です。

がらっと変わっているのが分かりますか?

 

古くなった門まわりをリニューアルした物件で、

メイン商材としてユニソン商品を使用いただいた現場なんです。

 

 

それでは、使用いただいた商品を紹介いたします。

まず目を引くのは石張りの門柱ではないでしょうか。

 

これは天然石の張材「パイルストーン」です。

天然石ならではの高級感のある表情で空間を演出。

また、張材のため高い所へも張ることができます。

 

 

その横につながる塀は「ジャスティ ユニRM型枠ブロック」です。

一見すると化粧ブロックのように見えますが、実は土を止める擁壁となる

型枠ブロックなんです。

 

型枠ブロックの中にコンクリートを充填して使用しますので

控え壁を必要としない塀の構造にも使っていただけます。

 

構造計算が必要となりますが控え壁がないとすっきりしますし、

なにより敷地を有効活用することができるというメリットがあるんです。

 

さらに塀にも使用していただけるよう150㎜厚は両面化粧タイプもご用意。

 

マンションの建て替えなどでの利用が多いですが個人邸でも活用できると

思いますよ。

 

こちらはちょっと引いた写真になります。

 

手前の花壇に使われている商材が「ジャスティ/グラストップ」になります。

植栽用に天端をデザインしているので現場を美しく収めることが

できます。

 

通常の化粧ブロック「ジャスティ」と同じ意匠となりますので

併せて使っていただくことができます。

 

型枠ブロックの塀仕様に興味を持たれた方は

ぜひ弊社までお問い合わせ下さい!!