※取り扱い地域が限定されている商品がございますので、詳細はユニソンホームページをご確認下さい。※ガーデンエクステリアのデザインを紹介するブログとなっています。廃番商品が含まれている場合もございますのでご了承下さい。

最新記事

ブログ内検索

最新のコメント


トラックバック

新たな一歩を・・・

桜と一緒に新生活を始められる方が増えるこの季節。

みなさまにも、何か新しい変化がありましたか?

新年度とともに4月は私たちにとっては新たな気持ちになる

区切りの月になりますね。

今回、パブリック課 佐藤がご案内をする現場は、新生活を迎えるにあたり

ここから新たな一歩を踏み出す場ともなる「駅」です。


愛知県稲沢市の名古屋鉄道「森上駅前広場整備工事」にて

セーフティペイブをご採用いただき、その駅前広場が完成しました。

稲沢市は緑豊な自然に囲まれた落ち着いた町です。

そんな町の玄関口となる駅前が新たに生まれ変わりました。

稲沢市の田園風景をイメージさせるデザインでもありながら、

ちょっと都会的な雰囲気も持ち合わせた大きな市松模様。

グレー系の濃淡で組み合わされたカラーは多くの人が行き交う駅には

落ち着いた印象をもたらし、職場や学校からの帰りを出迎えます。

そして、今回ご採用いただいたセーフティペイブは、

表面意匠に5mm幅の溝を設けることで目地幅との段差が軽減されます。

そのことで、お年寄りやお子様が歩きやすい床面となります。

「たった、これだけのこと!?」と、思われがちですが、

車椅子の方が、不快な振動や衝撃を感じるのがこの目地部分の凹凸なんです。

その上、ブロックのひとつひとつを繋げるロッキング機能により

経年による段差が生じることも抑制します。

これによって、ますます歩きやすい歩道が完成するのです。

私たちの、身近なことでお話をすると、最近ではちょっとした旅行や

荷物が多いなと思う時に活躍するキャリーケース。

このキャリーケースをセーフティペイブで造られた歩道で使うと、

ことのほか滑らかに稼動しますよ。

ぜひ、お試しいただきたいことです。

さすがに、森上駅まで来て下さいね!とは、申し上げられませんが・・・

少しでも多くの場所で「セーフティペイブ」をご採用いただき、

多くのみなさまが歩きやすい空間が広がることを願っています。


セーフティペイブ