※取り扱い地域が限定されている商品がございますので、詳細はユニソンホームページをご確認下さい。※ガーデンエクステリアのデザインを紹介するブログとなっています。廃番商品が含まれている場合もございますのでご了承下さい。

最新記事

ブログ内検索

最新のコメント


トラックバック

リ・ガーデンを楽しみませんか?

みなさま、こんにちは。

毎日、暑い日が続いていますが、みなさまいかがお過ごしですか。

京都は祇園祭も終わり、梅雨明けを待つばかりとなりました。

夏祭りが各地で始まり、まさに夏本番ですね。

 

さて、今回、京都営業所 魚住がご紹介する現場は2件。

共に中庭部分をリフォームされた現場です。

 

<befor>

広~い中庭で、芝の部分と土の部分に分けておられましたが、

土の部分は雨が降った後などは泥が上がってしまい汚れるため

何か・・・とご相談を施主様から受けられたそうです。

 

 

(after)

中央に芝を残しつつ、ティーナ[ai]を敷き詰められました。

土だとガーデンテーブルなどを置くには安定が悪かったりもしますが、

舗装材を敷かれると平らになります。

特にこのティーナは一枚一枚のサイズが大きめで平たい面が多く

取れることも特徴です。

また、コンクリート製品のため天然石に比べ表面の凹凸が少ないため

歩行性にも優れています。

 

 

続いての現場は・・・

 

<before>

中庭部分の緑がよく育ったため少し整理したい、また入口のアプローチが

飛び石になっていますが、歩きやすいアプローチに変えたいという

ご相談だったそうです。

 

<after>

アプローチを天然石、入って左手の中庭部分をコンクリート商品

(カッシア[ai])そして、右手部分をレンガ(ソイルレンガ)

で施工されました。

 

どの商品も色のトーンが揃えてあり、とても馴染んだ仕上がりになっていますね。

お庭でお使いになられる水まわりがフォーカルポイントになっています。

アプローチを天然石、入って左手の中庭部分をコンクリート商品

カッシア[ai])そして、右手部分をレンガ(ソイルレンガ

で施工されました。

 

どの商品も色のトーンが揃えてあり、リ・ガーデンですが

とても馴染んだ仕上がりになっていますね。

お庭でお使いになられる水まわりがフォーカルポイントになっています。