※取り扱い地域が限定されている商品がございますので、詳細はユニソンホームページをご確認下さい。※ガーデンエクステリアのデザインを紹介するブログとなっています。廃番商品が含まれている場合もございますのでご了承下さい。

最新記事

ブログ内検索

最新のコメント


トラックバック

「とよたエコフルタウン」のご紹介♪

皆さん、こんにちは。

本日は、特販課の岡本がお送りします。

7月に入り、そろそろ夏本番の陽気を迎えました。

夏になると花火大会や海開きなど、楽しいイベントが

盛りだくさんでわくわくしますね。

 

さて、今回は4月にオープンした豊田市次世代の環境技術を集約した施設

「とよたエコフルタウン」についてご紹介させていただきます。

 

「とよたエコフルタウン」は、豊田市と各出展企業が提案する

エコな未来の暮らしや最新の環境技術を広報する場として、

小型電気自動車やスマートハウス、交通問題や環境問題の課題を

解決するITS(拘束道路交通システム)等の最新技術が体験できる

施設となります。

 
(とよたエコフルタウンHPより)
(とよたエコフルタウンHPより)

出展企業約20社あり、当社もその一員として、

4月のオープニングセレモニーに参加しました。

豊田市長をはじめ、国及び県市議会議員の方々多数出席し、

盛大な幕開けとなりました。

 

その様子がこちらです。

ユニソンからは副社長 井戸が出席させていただきました。

 

「とよたエコフルタウン」では、リサイクル材を使用した商品が

多数使用されています。

 

突然ですが皆さん、

「とよたエコフルタウン」の監修を務められた赤池学先生を

ご存知でしょうか。

科学技術ジャーナリストとして、世界一受けたい授業」にも

ご出演されている有名な先生です。

 

赤池学先生は2年前のユニソン主催のセミナーで講演いただきました。

そのご縁もあって、赤池先生と地元企業であるユニソンとで打合せを

繰り返し、豊田市ゴミ焼却工場から出る廃材を当社コンクリート製品の

基となる骨材に活用しリサイクルすることを提案しました。

そのことが循環型社会、低炭素社会に対応した舗装材であるとして豊田市に

評価され、試験展示することになりました。

 

 

それでは、当社出展商品を一部ご紹介させていただきます。

 

①スマートハウスエリアの回遊路

乱形石張をコンクリートでリアルに表現したリサイクル性舗装材「ティーナ

②ユニソン出展エリア(東道路、大和ハウス様展示場裏)

不快な振動を抑えるユニバーサル機能に加え、

ブロック同士をロッキングすることで地震にも強いセーフティ機能を

兼ね備える舗装材「セーフティペイブ

芝の生育に優れた緑化舗装材「リビオ緑化

ヒートアイランドを抑制する保水舗装材「リビオ保水」等

雨水の再利用に役立つレトロな「ガーデンポンプ

ゲリラ豪雨などの水害対策に有効な透水性舗装材「ラダム透水

③ナイス様展示場前

ユニバーサル機能とブロック同士をロッキングすることで地震にも強い

セーフティ機能を兼ね備える舗装材「セーフティペイブ

 

その他、機能門柱(ユニットウォール)【フォレスコネクト

壁面緑化が簡単に演出できる【ピコガーデン】(カタログ未掲載品)

なども展示しています。

また、ビオトープには、省エネで安全な低電圧12V照明【エコルト】が

採用されています。

当社の商品についての話ばかりしてしまいましたが、

「とよたエコフルタウン」では、日常生活における最新の環境技術を一同に

体験・勉強できる場になっています。

お時間がある方はぜひ足を運んでみてくださいね

 

 

現場のご案内

○現場名

とよたエコフルタウン

○アクセス

愛知県豊田市元城町3丁目11番地

アクセス:豊田市駅から徒歩約10分