※取り扱い地域が限定されている商品がございますので、詳細はユニソンホームページをご確認下さい。※ガーデンエクステリアのデザインを紹介するブログとなっています。廃番商品が含まれている場合もございますのでご了承下さい。

最新記事

ブログ内検索

最新のコメント


トラックバック

駐車場緑化の新提案!緑化駐車場BE方式smart moistのご紹介

こんにちは、豊田営業所の石松です。

気温も温かくなり、大変過ごしやすい季節になってきました。

2月の大雪がうそのようですね。
会社の近くの川沿いは菜の花が黄色く咲き乱れ、私もスイッチが

入ったように心うきうき。やっぱり春は生命の躍動感を感じます。
よし浮かれるうことなく、「今年もがんばるぞ」と意気込む自分であります。
そして暑い夏がやってきます。
そこで今回は2年前一度紹介した豊田市のバンブー苑様を改めて

ご紹介いたします。
というのは是非もう一度ご紹介したいことがありまして…

 

前回ご紹介しました、バンブー苑様の緑化駐車場が当社の

リビオ[ai]緑化80を使ってさらにパワーUP、進化いたしました。

前回のブログはこちらから

2年前に比べ、お店、工場、分譲地、戸建ての住宅の駐車場にも、

芝生化が目立ってきました。

官民とも環境への取り組みが浸透してきた感じです。
理由は簡単。企業、緑地面積確保することで、夏の温度上昇

(ヒートアイランド現象)を抑える効果。芝生が広がる光景は、

景観を向上させる、又癒し効果も期待できます。
今、「パッシブデザイン」という考え方が話題となっています。

一言で言うと自然の力を利用して快適な暮らし方を実現させる。
まさに緑化の活用もパッシブデザインの大きな要素であることは

間違いありません。


しかし、実際やってみていかかですか?
なかなか芝が育たない、枯れてしまった。タイヤが乗るところが

「芝がはげる」、エンジンのしたあたりが「枯れやすい」又

「歩きづらい」「芝刈りがしにくい」
やってみたはいいもの、結果として不満が多い方もいらっしゃるでしょう。
バンブー苑の若松社長はその後も、緑化駐車場に対する、不満や

そのほかの問題点を洗い出し、緑化駐車場BE方式 smart moist

開発されました。

緑化駐車場BE方式 smart moistを簡単にご紹介します。

(バンブー苑様ホームページより抜粋)

01.Style
ここでは見た目のデザインはもちろんのこと、使い勝手が悪くては

意味がありません。

緑化駐車場の問題点を洗い出し、デザインと使い勝手を実現。

緑化駐車場の不便は、                 
「停める位置がわかりづらい。歩きにくい、靴や服が汚れる、

水たまりになる、靴の裏に芝が付いてくる。ゴツゴツして

走行しづらい。」                 

緑化駐車場BE方式smart moistでは、利用用途に応じて5種類のプランを

ご用意しています。                 

 

ここは日ごろ私たち営業が緑化駐車場を提案して躊躇される方が

まず言われる壁。ここは営業トークに使えそうだ。

これで乗り降りも安心車の中にも家の中にも芝を運ぶことも

少なくなりますね。      

 

02.Water
緑化駐車場は「枯れる。」ことに対する対策も重要。      
植物には水は命、どうやらここに鍵がありそう。

緑化駐車場BE方式smart moistの「moist」の意味、湿気と思っていたら

適度に水気がある」という意味も。      

①降雨

②保水
③毛細管現象
④センサー
⑤ドリップ

雨水の有効利用と節水がテーマとのこと。雨水を圧倒的な

透水性能で浸透させ、地下のマットでしっかり保水

天気がよく、土壌が乾い時には、確かな毛細管現象で土壌へ供給。     
それでも不足する水分だけマットに自動灌水します。      
土壌はバンブー苑様オリジナル土壌で、毛細管現象が非常に発現しやすく、

永続しやすい芝生駐車場に特化した専用土壌までもこだわっています。      
保水マットも植物に悪さすること内容に保水材もこだわっている

(植物に必要な水気を逆に取ってしまうことなく)      
ドリップチューブで均一に全面に吸水を行うことが初めて可能に。      
一連の流れでなんと節水従来比80%を達成とのこと。      

 

あまり知られていませんが、若松社長曰く「植物は生理上、

夏の暑い日差しの中で散水されると、活性酸素が発生しストレスになる」

とのこと。      
「枯れそうだからと夏の日中に急いで水をかけることは良くない。」

しかしながら、「みるみる元気がなくなっていく緑化駐車場への散水を

夕方まで待つのも良くない。」      
緑化駐車場BE方式smart moistは、地下からどんな時間帯にも失敗なく

給水ができることが大きな特徴。

画像で見ても見事に効果が出ていることがわかりますよね。

03.One Stop
緑化駐車場の芝刈で最大の問題は、刈払機(草刈機)で芝を刈る手法です。

ここって、住む人、手入れする人は気になるところなんですよね。
「芝生をどの道具で刈るのか?」ということです。草刈機(肩掛)で刈れば、

軸刈りして芝生は弱る。飛び石で駐車中の車に傷をつける。

エンジン音がうるさく近所迷惑。ついにこの問題も解決。

芝を刈った後。
なにやら新兵器が?

いかがですか?「かゆいところに手が届く」とはまさに

今回の緑化駐車場BE方式smart moist提案。   
    

 今回ご紹介した、緑化駐車場BE方式smart moist

数々の業界紙にも紹介されており注目もされているようです。  

是非、冒頭の駐車場緑化でお悩みの方、今検討中の方、展示場に足を運び、

バンブー苑さんに相談してみたらどうでしょうか。        
http://www.bamboo-en.co.jp/BEmethod.html        
又Facebookにもホームページにない、いろいろ情報が出ています。

ご覧ください。        

 

とよたエコフルタウンでの技術展示もしております。        
事前にご連絡いただければ現地でもご説明して頂けるそうです。        

とよたエコフルタウンとは        
エコな未来の暮らしや最新の環境技術を体感!できる、

豊田市の低炭素社会モデル地区で        
企業が持つ最新の環境技術が集まる場所!でもあるんだ。

 

 

勿論、お庭、エクステリア工事も得意としていることは

説明するまでも無いですよね。 

フィーノ シャンパンゴールド     
ネストブリック ラスティックブラウン     
クレモナサークル マーブル     
クレモナストーンゴールデンイエロー

 

 

 

おまけ、 

え?白いラインは何だと思いますか、雪です。

季節を演出することもできますね。