※取り扱い地域が限定されている商品がございますので、詳細はユニソンホームページをご確認下さい。※ガーデンエクステリアのデザインを紹介するブログとなっています。廃番商品が含まれている場合もございますのでご了承下さい。

最新記事

ブログ内検索

最新のコメント


トラックバック

季節の光と影を楽しむ、こだわりのスペース!

今週は、『』を感じる一週間の始まりとなりました。
すでにインフルエンザも流行り始めているようですので
体調管理にはくれぐれも気を付けてお過ごし下さい!

 

さて、今回はユニソンで一番長い『』を堪能(?)できる
北陸から 山田がお届けします。

 

住宅の外壁カラーに合わせたクリフトンウォールの目隠しと
舗装材:リビオ[ai]で和モダンのスペースが完成しましたので
ご紹介させていただきます。

大きな掃き出し窓は明るい光が室内に入り、特に冬の陽だまりはとても贅沢で

開放感に溢れていますが、通りに面しているため外からの視線が気になります。
そこで、こちらの現場では目隠しとなるウォール(塀)を造ることになったそうです。

 

ただ、ブロックだけで積み上げてしまうと、閉鎖的になってしまいます。
そのため、スリットフェンスと組み合わせ、光と風を取り込めるように
ブロックとスリットフェンスを組み合わせることが決定しました。
続いて、『どんなブロックにしよう?』と、検討が始まったそうです。

 

今回は建物が少し和のテイストが取り入れられているので、
石の質感がよく出ているクリフトンウォールに白羽の矢が立ったそうです。
ダークグレーで落ち着いた雰囲気にする方法もありましたが、
室内から外を眺めた時に明るい印象となるようにアイボリーが採用されました。
スリットフェンスの濃色が効いていて、明るくも落ち着いたイメージに
まとまっていると思いませんか?

クリフトンウォール:ストレート/アイボリー
クリフトンウォール:ストレート/アイボリー

こちらの写真をご覧いただくと、青空をバックに建物とクリフトンウォールの壁が

調和しているのがよくわかります。

続いて、中からの様子をご覧下さい。

外とはまた、違った落ち着いた空間が広がっています。

リビオ[ai]と植栽のコントラストが落ち着いた雰囲気の和モダンの中庭となっています。

こちら、リビオ[ai]を敷詰めるのではなくボーダー上に配置されているため、

とても広く感じます。 ラインが上手く取り入れられており、思わず「さすがっ!」と

唸ってしまう空間に仕上がっています。

スリットからこぼれる光が時々によって庭の風景を変えてくれるのだろうと

想像できますね。 寒い冬でも、窓から覗く風景が時々によって変わると、

外を眺めることが、より一層楽しみになりそうです。

少しのエッセンスを加えることで、随分お庭の見え方が変わってきそうですね。

そんな、素敵なお庭をご提案されている今回の業者様のご紹介です。

 

株式会社総合園芸様

〒921-8835 石川県野々市市上林4-357

HP:http://www.sogo-engei.co.jp/

今回は、和モダンな雰囲気に仕上がった素敵なお庭でしたが、

それ以外にも素敵なお庭をたくさん手がけられています。

ぜひ、ホームページをご覧になってみて下さいね。