※取り扱い地域が限定されている商品がございますので、詳細はユニソンホームページをご確認下さい。※ガーデンエクステリアのデザインを紹介するブログとなっています。廃番商品が含まれている場合もございますのでご了承下さい。

最新記事

ブログ内検索

最新のコメント


トラックバック

オープンエントランスガーデン

こんにちは、福岡支店の松尾です。

バンクーバーオリンピックで日々、日本人選手の活躍がTVで放送されてますが、

寝不足ではないでしょうか?

 

九州人(お祭り好き)はあの雪を見るだけでワクワクしてしまいます・・。

福岡でも1年に1~2回は平野部でも積もることがあります。

今年は8~10cm程積もり、一般道路や高速道路がすぐに渋滞や通行止めとなってしまい現場やお客様にご迷惑をお掛けしました。

また、現場では『この雪やけしょうがないばい!(九州弁)』と温かい声も掛けていただき大変感謝しております。

 

話は変わりますが、なぜ2月の日数は28日・29日までしか無いのだろう?と

疑問を持たれておられる方も少なくないのではないでしょうか?

調べてみますと、紀元前8年にアウブストウスという初代ローマ帝国皇帝が

8月の日数を30日から31日に変更したため、日数調整で2月を差し引いたとありました。

2月もあっという間に過ぎますが、寝不足・健康管理に注意して頑張っていきましょう!!

 

さて、本日は西日本鉄道(福岡県)グループの (株)西鉄グリーン土木様の現場をご紹介させていただきたいと思います。

現場は福岡市東区60区画(延長450mと間口が広い)の団地です。

(株)西鉄グリーン土木様は4区画毎に共通エントランスを設けられ、

オープン外構での“門まわり”“エントランス”“植栽計画”等の面から【街並み創り】に工夫をされておられます。

 

“門まわり”には当社のユニット門柱ファミアージュをご使用頂き、

ベースカラーを建築外壁に合わせるため、アイボリー色を選んでいただきました。

ポストやタイルパターンも4区画で合わせる事で街並みの調和を図られました。また、建売物件のコスト面・工期面や塗り壁調の塗りムラ予防の面もファミアージュを選定いただいた要因です。

 

ポストは〈明日を開く観音扉ポスト〉⇒〈明日観音〉⇒アスカーノをご使用頂き、オープンな街並みの中で良いアクセントとなっています。

 

“アプローチ”はブロンテペイバーというベージュ系の柔らかい素材感を持った平板を使っていただいており、部分的にタマリュウ等の地被類目地も挟まれアクセントとなっています。

 

“共有エントランス”は施主様にポケットパーク的な小広場として使ってもらう為アッピア[ai]230+コンクリート刷毛引き仕上げにより、デザインや街並み景観に配慮されました。

 

※3~5年後植栽も成長し、住まわれる方のコミュニティも深まり【笑顔が絶えない街】を想像させてくれる現場でした。

 

 

★使用商品

・ファミアージュ:[塗り壁色]アイボリー [タイル色]オリーブ

・アスカーノ タイプB:シルバー

・アッピア[ai]230:ブラウン

・ブロンテペイバー:オールドストーン

 

 

★今回、紹介させて頂いた『(株)西鉄グリーン土木』様のご紹介

 住所:福岡県福岡市中央区白金1丁目21番16号

 TEL :092-533-1088

 FAX :092-525-3060

 http://www.green-doboku.com