※取り扱い地域が限定されている商品がございますので、詳細はユニソンホームページをご確認下さい。※ガーデンエクステリアのデザインを紹介するブログとなっています。廃番商品が含まれている場合もございますのでご了承下さい。

最新記事

ブログ内検索

最新のコメント


トラックバック

新型ブロックでナチュラルなエントランスを演出!

静岡営業所の落合です。

今回は、新商品「ラフィネ」を使用したエントランスをご紹介します。

門柱から塀へと続くファサード空間には、
フェンスとの色の調和を考え、やさしい表情のブロックを探されていました。  

 

そこで、ご提案したのが「ラフィネ」。
玄関ドアとのカラーコーディネートも考えて、
カラーはシルクベージュが選ばれました。

ナチュラルな質感、上品な風合いが魅力の「ラフィネ」は、
繊細な表情のラインが特徴の化粧ブロック。
縦目地に隠し目地を採用しているので、
安全で存在感のあるブロック塀に仕上がるんです!

さらに、横目地には「ユニモル」の薄茶色を使用。
ラフィネ」の世界観を壊すことなく塀がデザインされました。

 

実はこの「ラフィネ」と「ユニモル」の組み合わせには、
色以外にもポイントがあるんです!

 

それは・・・

 

暮らしに安心・安全を添える「組積ブロック補償制度PAT.P」の
対象商品となっている点です。

 

▽「組積ブロック補償制度PAT.P」の詳細はこちら↓↓
http://www.unison-net.com/hosyo/

 

 

 

また、プレミックスタイプのモルタルである「ユニモル」を使うことで
より安定したブロック塀が築造できるので、
組積ブロック補償制度PAT.P」のプレミア対象となり

補償金額もアップします。

そんな制度を上手に利用し、カラーコーディネートだけでなく、
安全性にもこだわった点が特徴です。

 

そして、アプローチには、原料に再生骨材を使用したエコマーク認定品
テラックスエコップ[ai]」をお使いいただきました。

高い透水機能があるため
水たまりができにくく、滑りにくい構造
となっていますから
アプローチには最適なんです。

ナチュラルな質感・風合いを持つ「ラフィネ」と
自然石洗い出しの柔らかい表情を持つ「テラックスエコップ[ai]」が相まって
ゆったりとした明るい空間を演出することができました。

 
今回ご紹介した現場のように、

カラーや素材の統一感を図るだけではなく、
安全性や機能性にもこだわってファサード空間を
デザインしてみてはいかがでしょうか。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    堀田 (日曜日, 12 12月 2010 15:51)

    落合さん頑張ってますね。 テラックスエコップ??

    舌を咬みそうな名ですが、今度使わせていただきます。