※取り扱い地域が限定されている商品がございますので、詳細はユニソンホームページをご確認下さい。※ガーデンエクステリアのデザインを紹介するブログとなっています。廃番商品が含まれている場合もございますのでご了承下さい。

最新記事

ブログ内検索

最新のコメント


トラックバック

現場にて商材決定!!

阪和営業所の池側です。

 

 

今回は、自分が手掛けた外構工事を『作品』と呼ぶほど

こだわりを持っておられる工事店様の現場をご紹介します!

 

まずは、こちらのエントランスをご覧下さい。

シャモティのライトブラウンで造られた門柱には
段鼻に使ったソイル/マフィンペイバーのアンチックシルバーに合わせて、
同じ色のソイルレンガスリムが張られています。
工事店様の自信作でもあるこの門柱。
単調な雰囲気になりがちな門柱をソイル/マフィンペイバー
グリーンの表札がぐっと引き締めていますよね。

 

このようにソイルレンガは、積材、敷材、張材と
それぞれ同じ色でご用意しております(一部除く)ので
色々なところに使うことができ、

トータルコーディネートも楽しめる優れものですよ!

 

また、門灯と門扉の流れるようなアールが、

1つの大きな曲線を描いているようで、
門周りを優しくみせていますね。

 

門扉を入ると、花壇と樹脂舗装の境には、
クレモナストーン ゴールデンイエローが使われています。

塗り壁にカベックスを使い、全体的に茶系でコーディネートされている中に、
クレモナストーン ゴールデンイエローがやわらかなアクセントとなり、
表情豊かな空間になりました。
この細かな気遣いで、全体の印象が変わるのですね。

実は、全体のプランが決まってから、商材は現場で打ち合わせをしながら
決めることの多いこちらの工事店様。
いつも現場で、商品のご提案をさせていただいています。
こちらの現場も、ソイルレンガやカベックスは現場の雰囲気と
お施主様の要望を考慮して決めたのですよ!
現場を見て、もう一度イメージを掴み決めていくからこそ、
素敵な作品になるのでしょうね。

 


次に、もう1件、こだわりのエントランスをご紹介いたします!

シャモティ ライトブラウンを使った門柱の隣には、

コンクリート擁壁があります。
殺風景になりがちなコンクリート擁壁も、その上に門柱と同じブロックを
一段積むだけで、見栄えのする、温かな印象の塀に変わりました。

門柱の奥にあるガレージには、土間コンクリートと樹脂舗装の間に
アクセントになる見切り材として、テラックスエコップ[ai]
使われています。
このテラックスエコップ[ai] も現場で決めた商品なんです!
初めはレンガを敷く予定だったのですが、

周りの樹脂舗装が透水性ということで、
同じ透水性能を持つテラックスエコップ[ai] をご提案し、

採用していただきました。
テラックスエコップ[ai] の天然石の味わいが、

ナチュラルなイメージを与えてくれるだけでなく、

水たまりなどの発生も抑えられ、快適な空間になっていますね。

 

そして、嬉しいおまけがもう1つ。
こちらのエントランスは、

お施主様に気に入っていただいたのはもちろんですが、
お隣さんにも大変気に入って頂き、外構工事の依頼につながりました!

 

これからもこの現場のように、みなさまに満足していただけるような
お庭を彩る商品をたくさんご提案していきたいと思っています。