※取り扱い地域が限定されている商品がございますので、詳細はユニソンホームページをご確認下さい。※ガーデンエクステリアのデザインを紹介するブログとなっています。廃番商品が含まれている場合もございますのでご了承下さい。

最新記事

ブログ内検索

最新のコメント


トラックバック

このお庭、実は・・・

京都営業所の宇口です。

 

 

2つのイメージを持つお庭をご紹介致します!

メインツリーを中心に作られたこちらの中庭は
2つのラスキンスクエアを上手く組み合わせ、
まとまりのある、完成された空間を作り上げています。
ダイナミックな印象のコッツランドストーン ロックで作られた花壇は
植栽とマッチし、自然の力強さとやさしさを感じさせてくれます。
花壇だけでなく、プランターを使うことで、緑を上手に取り入れていますね。
さらに、控え壁の間の空間を上手に使った物置によって、
重厚感がプラスされました。

先ほどの"スクエア"を基調に作られたお庭とは対照に、
こちらは"曲線"を基調にしています。
メインツリーを囲むクレモナサークルやアールの花壇が
先ほどとは違う、柔らかさを感じさせてくれます。
コッツランドストーン プレートで作られた花壇は、
存在感がありつつも、落ち着いた雰囲気をもたらしています。
同じコッツランドストーンの花壇も、
プレートとロックでは印象がかなり違ってきますね。
また、アプローチを曲線で表現することで、広がりのある空間になっています。

 

 

さて、みなさまお気づきでしたか?
このお庭、実はマンションの1階専用庭に作られたお庭なんです!

マンションとは思えないほど、統一された雰囲気がありますよね。
限られた敷地もプランニング次第で、
こんなに素敵なイングリッシュガーデンが出来上がるんです!

 

こちらの現場は施工の際、整理整頓がきちんとされ、
職方さんが丁寧に施工していらっしゃったのが印象的です。
だからこそ、隅々まで行き渡ったお庭が出来るんですよね。
お施主様も、ティータイムや読書をお庭で楽しまれ、
アウトドアリビングを満喫されているそうです。


お庭=戸建て住宅というイメージですが、
敬遠されがちなマンションの1階も、

素敵なガーデンエクステリア商材と植栽で
温かな癒しの空間へイメージチェンジすることができます!!
少しの工夫で、我が家に癒しの空間を取り入れてみてはいかがでしょうか?