※取り扱い地域が限定されている商品がございますので、詳細はユニソンホームページをご確認下さい。※ガーデンエクステリアのデザインを紹介するブログとなっています。廃番商品が含まれている場合もございますのでご了承下さい。

最新記事

ブログ内検索

最新のコメント


トラックバック

パブリック課

2014年

11月

28日

芸術的な空間

こんにちは。

11月に入り、急激に寒くなって冬だなぁ~と思っていたら、

もう既に来年の足音が聞こえてきましたね!

さて今回は、今年度に新設されたパブリック課の南迫が

今年の10月発売の新商品ステラシリーズ:セーフティベガス」の

出来たて旬な現場をご紹介させて頂きます。

続きを読む 0 コメント

2010年

2月

12日

子供たちの育つ環境づくり☆

こんにちは。

もうすぐバレンタインですね。

この日が近づくにつれてドキドキしちゃう季節です。

貰ったらうれしい!

ただ、あげる側の手間ひまや思いはなかなか伝わらないのもなんですよね。

 

これは建築も一緒じゃないかなと私は思います。

 

ですので、本日はパブリックガーデン課 井上が、

設計士の方に代わって、作品にかけた思いをお伝えしたいと思います。

 

 

今回は公共事業の現場、小牧市の大城児童館をご紹介致します。

 

この児童館は2009年春に完成後、多くの人々が利用しいつも笑いの絶えない賑やかでとても居心地のよい児童館です。

 

この児童館は環境にも配慮した児童館でもあり、心地よい児童館をつくるのにユニソン商品も一役買っています。

 

続きを読む 0 コメント

2009年

3月

20日

明るく元気な小学校

パブリックガーデン課の菊田です。

 

 

「ストレートロッキング[ai]透水」を使用した
小学校の校庭をご紹介します!

6色の「ストレートロッキング[ai]透水」をバスケット型のパターンに

配置した鮮やかな校庭は、明るい印象の校舎に見事にマッチしています。
子供たちの明るく元気なイメージにぴったりですよね。
 
多くの場合、アスファルト舗装となることが多い校庭に
「ストレートロッキング[ai]透水」が選ばれた理由は2つあります。

1つは・・・"均一な強度が得られること"!
 
建物との境界が不規則な形状のため、
通常のアスファルト舗装では機械による転圧が充分に行えず、
中央部と周辺部で強度に差が出てしまうことが問題でした。
消防空地など車両が進入する場所にも使用するため、
すべての箇所で強度をしっかり確保できることは非常に重要です。

 

そこで、全て人力によって転圧を行うことで、
中央部も周辺部も均一な強度に仕上げることができる
インターロッキング舗装をご提案しました。
その中でも、カラーバリエーションが豊富な
「ストレートロッキング[ai]透水」をオススメしたところ、
オリジナルなデザインができる!と気に入っていただきました。

続きを読む 0 コメント

2008年

12月

19日

時代に合った景観歩道づくり

パブリックガーデン課の南迫です。

 

「ストレートロッキング[ai] 透水」
ブラック、グレー、ライトグレー(※特注色)の3色を
上手く組み合わせ、規則的な模様とすることで、
まとまりのある美しい表情を見せています。

 

このような歩道には、一般的に
インターロッキングブロックが広く使用されます。
だからこそ、いかに機能性・景観性の高い歩道づくりを
するかがポイントになります。

 

【ポイント1】機能性をプラス!
たくさんの人が使用する歩道ですから
"歩きやすい"ことは、重要な要素となります。
そこで、私は「ストレートロッキング[ai]」の中でも
透水タイプ」をご提案いたしました。

 

続きを読む 0 コメント